【徹底検証】シミウスの副作用と効果を感じられない関係性は?!

美白と保湿効果のあるホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」。

高評価を獲得して人気の商品ですが、副作用があり危険という噂も存在しています。

今回は副作用と効果がないと言われる原因を検証し、紹介します!

多くの女性は、透き通るような白い肌に憧れているのではないでしょうか?

しかし、大手化粧会社の商品でも美白化粧品を使用し肌トラブルが出たと話題にもなったほど副作用が心配ですよね。

 

今回紹介するホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」もシミが消え美白成分も含まれているため副作用に懸念を持たれている方もいらっしゃると思います。

 

そこで、今回はシミウスの効果と副作用の関係性について検証していきたいと思います。

 

◯シミウスの安全性は?

<成分表をチェック!>

 

前述でもお伝えした、以前の大手化粧品会社で起こった副作用は、ロドデノールという成分が原因で白斑が起こりました。

ロドデノールは厚生労働省の認可成分でメラニンを作らせないという効果が期待できる成分です。

シミウスの成分にはこのロドデノールが含まれていませんでした。

そもそもシミウスは植物由来に成分を多く配合しお肌に優しい美白ジェルと言われています。

副作用が起きる可能性の高い成分も未配合なので、安全性の高いスキンケア商品です。

 

<なぜ副作用があると噂されているの?>

シミウスの副作用でシミが濃くなった、ピリピリと刺激がある…という噂があるようです。
しかし、シミウスの主要成分はグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキス。

グリチルリチン酸ジカリウムはニキビを含め肌に対する抗炎症作用があり、
プラセンタエキスは哺乳類の胎盤から作られた安全性の高いものです。

また、その他にもシコン(紫根)エキスのように植物から作られたエキスなどが多く含まれており、植物由来のためこちらも心配はありません。

しかし、人によっては何らかの成分を原因としたアレルギー症状を引き起こす可能性が無いわけではありません。

もしかしたらそこで副作用という認識が生まれてしまい、噂になったのかもしれませんね。

 

<シミウスは効果がない?>

副作用でも紹介した、シミを消したいのにシミが濃くなったという声があります。

これは副作用でも、シミウスの効果がないわけではありません。

 

逆に効果が出ています!!

 

シミウスを使用してシミが濃くなるのは、マッサージを毎日行うことで、シミウスの成分がシミを排除しようとメラニン(シミの元凶のもの)を外に排出することで「シミが濃くなった」と感じることがあるそうです。

この現象は一時的なもので、メラニンが排出し終わると、シミはだんだんと薄くなるので安心してくださいね。

 

特にシミが濃くなる現象が起きるのは、使い始めて1~3か月ごろと言われています。

シミウスが肌に充分に浸透しているというサインなので、諦めず継続して使い続けるようにしましょう。

 

◯まとめ

シミウスの効果と副作用が噂されている原因を紹介してきましたが参考になりましたでしょうか?

肌の状態によって肌に不快感を感じることはあると思います。

シミウスはそんな敏感肌の方のために30日返金制度を設けています。

肌に合わない場合30日以内であれば返金も可能なのでぜひ気になる方は一度試してみてくださいね。

 

シミウスは継続し使用することで、シミを消す効果が発揮されます。

シミが濃くなった場合でも、効果が出ていると捉えて3か月以上使用することをオススメします。

>>シミウスの公式ページはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です