シミを化粧品で消す方法はあるの?シミ消し成分とは!?

年齢肌が気になるとともにシミも気になってくるという方は多いのではないでしょうか。

 

シミを消す方法と考えると真っ先に出てくるのはレーザーなどでの治療かもしれませんが、病院での処置と考えるとかなり大掛かりになりお金もかかりますよね。

 

毎日使う化粧品でシミを消す方法はないのでしょうか。

 

化粧品での毎日のケアで少しずつでもシミを消すことができれば、ケアのコストなどもおさえられますよね。

 

シミはどんな原因でできるのか、その原因を解決する方法がわかれば化粧品でシミを消すということも可能ではないでしょうか。

 

化粧品を使ってシミを消す方法がないかを考えてみたいと思います!

シミはどんな原因でできるもの?

 

化粧品でシミを消すとしたらまずは原因を知っておきたいですよね。

 

シミができる原因には、大まかに以下のようなものがあります。

 

日焼けが原因でできる!

その時その時の日焼けだけでなく、将来のシミ対策としてUVケアをしているという方も多いのではないでしょうか。

紫外線を受けることで出来るシミは多いので、日焼けもシミの原因の一つです。

 

乾燥肌が原因でできる!

肌が乾燥して荒れてしまうとキメが乱れ、メラニン色素が肌に残りやすくなるだけではなく、乱れたキメが原因で顔全体がくすんだ印象になってしまうこともあります。

 

ニキビ跡がシミになってしまう!

角栓で毛穴が詰まり、赤ニキビから膿んだニキビに変化してしまうとその跡が色素沈着を起こしたりしてシミのように残ってしまうことがあります。

その他にも膿んだニキビは皮膚が再生できないほどのダメージになり、肌が凸凹になってしまうこともあります。

肌にできた凹凸により、顔色がくすんで見えてしまう場合も。

 

 

間違ったスキンケアが原因でできる!

肌は摩擦などの刺激に弱いです。

マッサージジェルやクリームを使用せずにマッサージをしたり、ごしごしこするような洗顔をしたりすると刺激になり、シミの原因となってしまうことがあります。

 

 

シミを作らないためには?

 

まずはやっぱりUV対策が基本です。

 

太陽がさんさんと照っていなくても紫外線の影響を受けてしまうため、日焼け止めは塗るようにしてください。

 

肌荒れや乾燥を防ぐため、正しく洗顔と保湿をするのも大切です。洗顔はぬるま湯で行うことやこすらないこと、洗顔後のケアを怠らないことなどに気をつけましょう!

 

 

化粧品でシミのケアをするならどんな成分を見る?

 

シミの主な原因であるメラニン色素を消すことはできるんでしょうか。

 

ダイレクトに「消す」というのは難しいかもしれませんが、お肌のターンオーバーを促進することにより老廃物の排出をスムーズにし、シミのメラニンを排出することで地道ではありますが薄くしていくことはできるのではないかと思えます。

 

ターンオーバー促進に大切な成分はプラセンタやビタミンCなどがあります!

 

こちらの成分が配合された化粧品を使用して長い目でケアをすることで、効果が期待できるのではないでしょうか。

 

 

消すことも大事、作らないことも大事!

 

一度できてしまったシミを消すのには長い期間を要すると考えられるため、シミは予防の段階から非常に重要といえます。

 

正しいスキンケアをして、まずはシミを作らないところから心掛けるようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です