シミを消せるクリームってある?どんなクリームを選べばいいの?

シミを消せるクリームってあるの?

 

そもそも家にいながらクリームでシミを消せるなら病院での治療がないはずじゃないの?と考えるかもしれません。

 

そう思ってしまうのもありますが、一口にシミと言っても原因や進行状態などでまた違ってきますよね。

 

例えば、進行してしまった深く濃いシミなどを自分で購入したクリームで解決するのはかなり困難なのではないでしょうか。

 

そういったシミの場合はクリームなどでの効果はあまり期待できないため、病院での治療を受けたほうが良いと言えます。

 

ですが、できたばかりの薄いシミや進行していないシミなら家でクリームなどでも対処できる可能性は十分にあるのではないでしょうか!

 

 

シミに有効な成分ってどんなものがある?

 

購入することができるクリームなどに配合されていてシミに有効な成分にはどんなものがあるんでしょうか。

 

美白成分としてとくに有名なものとしては下記のものが挙げられます。

 

 

・プラセンタ

・アルブチン

・ビタミンC誘導体

・ハイドロキノン

 

 

既にあるシミをケアするなら「お肌のターンオーバー」と「シミの原因となってしまっている沈着した色素を消す」という多角的なアプローチをしていくのがオススメです。

 

これらの成分には、お肌のターンオーバーを促したり色素と反応してシミを薄くしたりという効果が期待できます。

 

特にハイドロキノンという成分は他の成分と比べ10~100倍ほどの美白効果を持つ強力なシミ対策成分と言われています。

 

ただし効果が高いぶん、ハイドロキノンは配合されているコスメの値段が高めだったり、お肌への刺激が強かったりするので使用の際には十分な注意が必要です!

 

 

シミ消しクリームを選ぶときにはどうしたらいい?

 

シミ消しクリームを選ぶときには、配合されている成分も大切ですが以下のようなことにも気をつけるのがオススメです。

 

 

「医薬部外品」を選ぶ!

医薬部外品には厚生労働省によって有効性が確かめられている成分が配合されています。

そのため、一般的な化粧品よりも効果が期待できるといえます!

 

 

保湿もしっかりできるものを選ぶ!

お肌のシミやくすみの原因のひとつに肌の乾燥があります。

人間は誰でも年齢を重ねるごとに乾燥肌になっていくといわれているため、保湿がしっかりできるクリームを選ぶことはシミのケアや新たなシミができるのを予防してくれる効果が見込めます!

 

 

長く続けられそうなものを選ぶ!

いくら有用な成分が配合されていても、お値段の関係や在庫の関係で継続して使えないものだと意味がなくなってしまいますよね。

価格や購入手段などを十分に検討し、無理なく継続して使えるものを選ぶことが大切です。

現在は、コスメによっては定期的に商品を送ってもらえるシステムもありますので、在庫切れなどを防ぐためにそういったシステムを利用するのも有効といえます。

 

 

使い続けられそうなものを選ぶことが大切!

 

シミ消し成分のみを見るのではなく、いろいろな面から比較してクリームを選ぶことが大切といえます。

 

自分に合ったクリームでシミ対策をしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です