シミ対策のスキンケアはどんなことに気をつければいい?

シミを増やさないためには?シミ予防スキンケア!

 

シミを予防するときのスキンケアはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

シミ予防の原因として最も多いものが「紫外線」の影響です。

 

そのため、紫外線からお肌を守るための日焼け止めは非常に大切なスキンケアアイテムとなります。

 

夏場は汗で流れてしまいやすいため、こまめに塗り直すようにしてくださいね。

 

また、シミは余分なメラニン色素がうまく排出されずに色素沈着を起こしてしまったものです。

 

古くなったり余分なメラニン色素を排出するためのお肌のターンオーバーを整えることも、シミ対策スキンケアになります。

 

ターンオーバーを整えるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ターンオーバーは早ければ早いほどケアの効果が出そうで、少しでも早くしたいと思ってしまいがちですが、早ければいいというものでもありません。

 

ターンオーバーが遅いのは老廃物や古い角質の排出が滞ってしまうため、もちろんよくありませんが、早すぎても未熟なままの皮膚が表面に押し出されてしまうため肌トラブルの原因となってしまいます。

 

ターンオーバーのサイクルが乱れる原因としては、下記のようなものがあります。

 

・偏った食事

・睡眠不足

・運動不足

 

どれも健康のために改善が必要なものばかりですが、同じくお肌のターンオーバーの正常化にも必要なことです!

 

 

シミを薄くする、消すためには?シミ対策スキンケア!

 

出来てしまったシミには上記のターンオーバーでメラニン色素の排出を促進するか、スキンケア用品での成分で反応をさせて薄くする、消すというケアがあります。

 

シミのメラニンと反応してシミを薄くしてくれる成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンなどといった成分があります。

 

こちらの成分を配合したスキンケアアイテムを探してみてはいかがでしょうか!

 

 

シミ消し成分の注意点は?

 

シミ消し成分のハイドロキノンとビタミンC誘導体をピックアップしてご紹介します。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とまで言われるほど効果が強く、一般的に使用されているシミ消し成分の100倍もの効果が期待できるとまで言われています。

 

ただし、配合されているスキンケア用品は少なめ、価格が高め、効果が強いぶん副作用の心配があることなどに注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体は配合されているスキンケアアイテムも多く、価格も安めと言えます。また、危険性もかなり低い成分です。効能はハイドロキノンに比べると穏やかなものになります。

 

以上の特長を踏まえて、シミ消し成分を選んでみてくださいね。

 

できればシミを作らないところから!

 

シミ消し成分も使用されていますが、できればシミはできる前に予防したいですよね。

 

ターンオーバーの正常化や紫外線対策などで、シミができやすくなるのを防いでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です