なぜシミウスは効かない?やってはいけない3大要因

女性誌でもその高い効果で人気のホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」。

しかし中には効果がないと感じられている方もいらっしゃいます。

今回は効果を感じらない3大要因を詳しく紹介してシミウスの正しい使い方を教えます!

ホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」を使用している方の中には、効果がない、シミが消えないと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

シミウスは満足度93%と高い数字を出しているので、1人1人の肌の状態以外でも何かしら原因があるかもしれないですね。

 

今回はホワイトニングリフトケアジェル「シミウス」は本当に効果がないのか、なぜ効果が表れにくいのか考えてみましょう。

 

◯効果がないと感じてしまう理由

使用量が少ない

 

シミウスは1回に1~2gほどが目安です。

と言ってもどれくらいか分かりませんよね。

 

・適量はスパチュラ2杯分

・あくまで目安には個人差があります(その日の肌状態によって使用量が異なります)

 

スパチュラとはジェルをすくうヘラの様なものです。

基本のベースを2杯分と考えて使用すればシミウスが60gなので30日分となります。

 

※もったいないからと少量しか使わないと、マッサージしたときに肌が傷ついてしまいます。また美白成分も十分に浸透しないためたっぷりめに使用してくださいね。

 

毎日のスキンケアを怠っている

シミウスは化粧水、乳液などのスキンケアの役割があるオールインワンスキンケア商品です。

毎日の洗顔後は必ずシミウスでケアしてください。

というのも、肌が乾燥していたり、汚れが溜まっていると美白成分が信用しないので洗顔後すぐに付けることをオススメします♪

スキンケア不足は肌トラブルの原因になりますので、毎日欠かさずお手入れるすことが美肌への近道です。

 

シミ対策には最低3か月かかります

肌は日々作られていますが、不要な古い角質が押し上げられて剥がれ落ち、新しい肌が表面に現れるまでの周期をターンオーバーといいます。

このターンオーバーによって綺麗な肌が作られていきます。

 

シミウスは正しい保湿やマッサージによりターンオーバーの周期を整えることができると言われています。

 

年齢などにもより個人差がありますがターンオーバー周期は約28日です。

40代の方ですと約60日と言われているので、最低3か月は必要です。

 

ですから、シミの改善がみられるのは個人差がありますが大体3か月が目安になります。

短期間使ってみて効かないと感じている方は、もう少し使っていただいたほうが効果を実感していただけると思います。

 

◯まとめ

いかがでしたでしょうか?

シミが消え、エイジングケアにも効果的のシミウスは人気急上昇中です。

効果を実感していただくには毎日のケアが必要で根気がいると思いますが、早めにシミ対策をすることでマイナス肌を手に入れることができます。

効果を感じないと思われたら公式サイトやお問い合わせも可能なのでぜひ興味がある方はシミウスを試してみてくださいね!

>>シミウスの公式ページはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です